2018年 7月 23日 (月)

景況感、1~3月は3期ぶりマイナスに 原油安などの影響か

印刷

   大企業の景況判断指数がマイナス3.2になったことが、財務省などが2016年3月11日に発表した1~3月期の景気予測調査の結果から分かった。

   それによると、指数のマイナスは3四半期ぶりで、前回調査で見込んだプラス5.6を大幅に下回った。原油安などの影響で先行き不安が広がっていることが原因だとみられている。なお、景況感の先行きは大企業で、4~6月期がマイナス2.2に留まっているものの、7~9月期はプラス5.6に転じている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中