2019年 5月 22日 (水)

「必殺技」がバンダイ以外使えなくなる!? 商標出願の狙いは何なのか

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   玩具メーカーのバンダイが、一般的によく使われる言葉「必殺技」の商標出願をしていたことが分かり、ネット上で、疑問や批判が相次いでいる。そもそも、こんな出願が通ることはあるのだろうか。

   話題になったきっかけは、「商標速報bot」というツイッターアカウントが2016年2月8日にバンダイの出願を伝えたことだった。

  • 特許情報サイトでもその名が
    特許情報サイトでもその名が

「今後この三文字使用に許可や金がいるのか」

   「必殺技」は1月19日付で出願されており、区分は、テレビゲーム機やカードゲーム、スロットマシンなどを含む「28類」になっている。読み方は、一般名詞と同じ「ひっさつわざ」だ。

   ツイートは、ネット上で話題になり、次第に拡散して、3月15日にはメディアで報じられるほどになった。一般名詞だけに、ネットの書き込みは、それを商標に使うことへの疑問や批判の方が多い。

「は? バンダイ何考えてるんだ?」「これが受理されたら大変な事になる」「今後この三文字使用に許可や金がいるのか」

   一方で、その狙いについて、様々な憶測が流れている。

   バンダイは、子供たちに人気のアニメ「妖怪ウォッチ」のメダル商品に「必殺技」の名を使っている。このことから、他社がその名を使うのを阻止したり、先に商標登録されるのを防いだりするためではないかとの指摘があった。

   また、中国での商標登録悪用を受け、特許庁が企業に訴訟費用を補助すると報じられたことから、バンダイはその意を受けて悪用対策として商標出願をしたのでは、との声もあった。さらに、だれかが「必殺技」を商標登録すれば使えなくなるため、それを防ごうと業界を代表して出願したのかもしれない、といった見方まで出ている。

   バンダイの広報担当者は、その狙いについて、取材に次のように説明した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中