2018年 10月 20日 (土)

「メルカリ アッテ」に「出会い系」アプリ?指摘相次ぐ 直接会って「サービス」やり取り、でも「性行為」等は禁止

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   「変な事に使われる予感しかしない」――。近所の人と直接会って商品やサービスを売買するアプリ「メルカリ アッテ」に、こんな手厳しい意見が相次いで寄せられている。

   運営会社は不適切な内容の投稿を削除したり、ユーザーへの警告を随時行っているというが、記者がアプリを確認したところ、「セフレ募集」「1泊させてください」といった投稿が見つかった。

  • 不適切な利用を取り締まれるのか(画像は「メルカリ アッテ」公式サイトより)
    不適切な利用を取り締まれるのか(画像は「メルカリ アッテ」公式サイトより)

住所やクレジットカード情報を登録する必要はない

   メルカリの子会社「ソウゾウ」が2016年3月17日に公開した「アッテ」とは、スマートフォンのGPS機能で位置情報を取得し、近くにいるユーザーと「会って」商品を売り買いするアプリだ。商品のやり取りは原則手渡しで行うため、利用時に住所やクレジットカード情報を登録する必要はない。

   ユーザー同士が直接顔を合わせることを前提としているため、モノの売買だけでなくサービスの取引も可能だ。ちょっとした頼み事を有料で他人に依頼したり、逆に「××を○○円でやります」と自らのスキルや時間を売りに出すこともできる。

   実際のところ、どんなサービスが「出品」されているのだろうか。記者がアプリをダウンロードして確認したところ、

「Web業界の就活相談のります」(500円)
「30分程度でお風呂の掃除お願いします!」(1000円)
「渋谷で欲しいものを代わりに買ってきます!!」(3000円)

といった投稿が見つかった。サービス以外にも、服や家具といったモノの出品も盛んに行われており、実際に取引が成立しているケースも確認できた。サービス開始からまだ1日しか経っていないが、このようにアプリ内では多くのユーザーで賑わっている印象だ。

   ――だが、ネット上では「犯罪につながるのでは」と危惧する向きが強い。直接会って取引するというアプリの性質上、「新手の出会い系になる予感」「援助交際の温床になる」といった指摘が、ツイッターやネット掲示板で相次いで上がっているのだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...