2022年 12月 10日 (土)

「75年も生きて何を学んできたのだ」 「注意に逆ギレ6歳の首絞め」老人に批判殺到

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   たばこのポイ捨てを注意されたことに腹を立て、男児(6)の首を絞めたとして、兵庫県加古川市に住む無職の男(75)が逮捕された。

   ネット上では「最低な大人だな」「大人の行動とは思えぬ」と男への批判が相次いでいるが、本件に限らず「キレる老人」の姿は今やメディアで頻繁に取り上げられ、社会問題となっている。

  • あまりにも情けない75歳の姿(画像はイメージ)
    あまりにも情けない75歳の姿(画像はイメージ)
  • あまりにも情けない75歳の姿(画像はイメージ)

バス停で「降りにくい位置に停車した」として運転手攻撃

   兵庫県警加古川署は2016年3月22日、男児の首を絞めた暴行容疑で男を逮捕した。同署の調べに、「注意されて腹が立った」と容疑を認めているという。

   複数メディアの報道などによると、男は同日14時頃、自宅付近の公園でたばこの吸い殻を路上にポイ捨て。その様子を目撃していた小学1~4年生の男女4人に「捨てたらアカンのに」などと注意され、逆上した。大声で怒鳴り返し、6歳男児の首をいきなり両手で絞めると、他3人に対しても服を引っぱったり、腕をつかんだりした。

   児童らは男が自宅に入るのを見届けた後、帰宅して保護者に顛末を報告。保護者が同署に110番通報した。

   69歳年下の相手の注意を受け入れられず「逆ギレ」――そんな情けない75歳の姿にツイッター上では、

「最低な大人だな」
「大人の行動とは思えぬ」
「75年も生きて来て何を学んできたのだ」

と厳しい声が寄せられている。「キレる老人」は、今回の男以外にも数多く報告されている。

   例えば、16年3月4日には、市バスの男性運転手(32)に小枝を投げつけて右目にけがをさせたとして、京都市中京区の男(65)が公務執行妨害容疑で逮捕されている。男は同日13時ごろ、中京区のバス停「堀川三条」で降車。その際、停車位置が歩道の縁石に近く、降車しにくかったと腹を立て、街路樹の枝を折って運転手に投げつけたという。

姉妹サイト
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中