2021年 8月 1日 (日)

スッピンでもお肌がツルツル、がん予防にも キャベツのすごいパワーを丸ごと活用法

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

【あさイチ】(NHK)2016年3月22日放送
「2016年春のキャベツスタイル」

   すっかり春めいてきて、春キャベツがおいしい季節になった。キャベツはダイコンと並んで食卓にのぼる野菜の1、2位を争う人気だが、結構知らないことが多い。

   そこで千切りキャベツをおいしくする秘訣から、目からウロコの保存法まで、キャベツの意外なパワーを紹介する。

  • キャベツには意外なパワーがある
    キャベツには意外なパワーがある
  • キャベツには意外なパワーがある

「キレイ」の秘訣はキャベツの芯を蒸して食べる

   番組では冒頭、西堀裕美アナが白澤卓二・順天堂大学大学院教授からキャベツの健康効果を聞いた。

白澤教授「ブロッコリーやダイコンもそうですが、キャベツをはじめとするアブラナ科の植物には『イソチオシアネート』という化学物質が含まれています。これががん細胞の増殖を抑えるという論文が国内外で多く発表されていますから、がん予防に期待していいですよ。イソチオシアネートは、キャベツをすりつぶすとたくさん発生しますから、よくかんで食べると効果的ですね。1日に100グラムが目安です」
MCの井ノ原快彦「よし、毎日食べよう! 100グラムってどのくらいの量?」
西堀アナ「千切りキャベツを大盛りの皿1枚分くらいですね」

   さて、春キャベツと冬キャベツがあるが、どう違うのだろうか。西堀アナは日本一の春キャベツ生産地・千葉県銚子市を訪ねた。生産農家の濱仲進弥さんが畑で出迎え、採れたてのキャベツを手にこう説明する。

「冬と春の収穫時期の違いと思っていたでしょう? 春に採れる冬キャベツもありますよ。実は種類が違うのです。冬キャベツはギュッと巻かれていて葉が密集している。春キャベツはふんわりと巻いています」

   冬キャベツは硬めなので焼きそばや炒め物に、春キャベツはやわらかめなので、サラダや千切り、生食に向く。ともにビタミンCが豊富だから、女性にはうれしいスベスベの美肌効果がある。すると、その見本が登場。濱仲さんの妻・昭子さんだ。毎日キャベツを生で食べているので、顔にしわ1つない。

西堀アナ「まあキレイ、スッピンですか! (顔にさわりながら)お肌がトゥルトゥルですね~。私、ガサガサですが」
スタジオのゲスト、タレントの虻川美穂子「(自分の顔にさわりながら)へえ~、いいなあ。私もキャベツ大好きで、毎日食べているのに」
西堀アナ「ビタミンCは葉に一番多く、2番目に芯、3番目に中央部分に含まれています。農家の人たちは芯を捨てずに、蒸して食べているんですよ」
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中