2018年 8月 16日 (木)

「情熱持って作れば番組は偏る」 古舘氏が「報ステ」ラスト出演

印刷

   テレビ朝日の報道番組「報道ステーション」のキャスターを2004年4月の番組開始から務めてきた古舘伊知郎氏(61)が16年3月31日の放送で最後の出演をした。古舘氏は、番組の最後に7分間にわたって発言した。自らの当初の番組に対する期待を

「『もっともっと普段着で、ネクタイなどせず、言葉遣いも普段着で、ざっくばらんなニュース番組を作りたい』と真剣に思ってきた」

などと振り返りながら、それと対比させる形で、最近は「窮屈になってきた」と指摘。その上で、

「情熱を持って番組を作れば、多少は番組は偏る。しかし、全体的に程よいバランスに仕上げ直せばいいのではないかという信念を持っている」

と持論を展開した。後任は同局の富川悠太アナウンサー(39)が務める。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中