2018年 8月 19日 (日)

【男と女の相談室】全身がかゆくなったら肝臓病を疑え 専門医も見逃す「早期発見」のサイン

印刷

   肝臓は悪化するまで自覚症状がない「沈黙の臓器」と呼ばれるが、実際には異変を伝える様々な信号を初期の頃から発している。「体がだるい」と「手足がつる」がそれだが、最近、「全身のかゆみ」も意外に多いことがわかってきた。

   2016年3月15日東京都で開かれたプレスセミナー(大日本住友製薬主催)で、虎の門病院肝臓センター分院長の熊田博光氏と東都医療大学の鈴木剛教授が「知られていない肝臓のかゆみ」をテーマに講演した。肝臓病患者の3人に1人がかゆみに苦しんでいた。どうすれば早期発見につなげられるか。

  • 「あ~、かゆい!」と思ったらすぐ専門外来へ
    「あ~、かゆい!」と思ったらすぐ専門外来へ

皮膚に異常がないのに、たまらなくかゆいと要注意

   熊田氏が診療している虎の門病院の患者342人の調査によると、特に「かゆみ」の発現率が高かったのが原発性胆汁性肝硬変で、54.5%の患者が自覚症状にかゆみがあったという。肝臓がんやC型肝炎、アルコール性肝炎なども含め、肝臓病全体で35.7%の人が自覚症状に「かゆみ」を挙げている。

   肝臓病に一番多い肝炎患者2138人を対象にした別の調査でも、「かゆみ」は「体がだるい」(25.5%)に次いで多い自覚症状が「かゆみ」(22.4%)だった。

   ひとことで「かゆみ」といっても、どんな症状になると肝臓病を疑えばいのだろうか。鈴木教授はこう説明した。

「高齢になると皮膚がかゆくなる『老人性皮膚掻痒(かくよう)症』が増えますが、肝臓病が原因のかゆみはすべての年齢にみられます」

   そして、次のような特徴があるそうだ。

   (1)見た目には皮膚に異常がないのにかゆい。

   (2)全身がかゆくなる。

   (3)かいてもかゆみが治まらず、夜も眠れないほど。

   (4)アレルギーや乾燥肌によるかゆみに効く抗ヒスタミン薬や鎮静薬が効かない。

「だるい」「手足がつる」に並ぶ「沈黙の臓器」の3大症状

   全身がかゆくて夜も眠れない日々が続くため、かなり深刻な症状なのだ。そのため皮膚科を受診する人が多いが、実は、皮膚科の医師の中には「かゆみ」が肝臓病の自覚症状であることを知らない人が少なくない。熊田氏がこう強調した。

「かゆみは『だるい』『手足がつる』と並ぶ3大症状ですが、患者が訴えないと医師が気付くことはできません。全国の肝臓病専門医や消化器内科・一般内科、皮膚科の医師計300人を対象とした調査では、医師の方から患者にかゆみの有無を尋ねて薬を処方した例は3割しかありませんでした。残りの7割は患者の方から訴えて薬を処方されたのです」

   内科の専門医ですら知らない人がいるわけだ。このため、熊田氏は自分の病院内に「かゆみ」の重大性に警鐘を鳴らすポスターを張ったり、「肝臓病によるかゆみチェックシート」を作ったりして肝臓病患者の早期発見に役立てているほどだ。

   「だるい」「手足がつる」に加えて、特に理由もないのに全身がかゆくなったら、すぐに専門外来に駆け込もう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中