2020年 1月 22日 (水)

羽生妨害騒動のデニス・テンに大量の「人種差別」「脅し」 インスタグラムで本人が明かす

印刷
不動産価格上昇中!不動産の価値は?一括無料査定でチェック!

   フィギュアスケート世界選手権の公式練習中に、ソチ五輪金メダリストの羽生結弦選手(21)がカザフスタンのデニス・テン選手(22)から「妨害」を受けたとされる問題が注目を集める中、テン選手がインスタグラムを更新した。

   そこで、自身のメールボックスに嫌がらせや脅し、人種差別的なメールがいくつも届いていることを打ち明けた。

  • 羽生選手は直後に「それはねえだろ、お前!」と声を荒げた(2014年撮影)
    羽生選手は直後に「それはねえだろ、お前!」と声を荒げた(2014年撮影)

「『何が起きたの?』と自問しています」

   「事件」が起きたのは、男子ショートプログラム(SP)が行われた2016年3月30日(現地時間)の公式練習。羽生選手がSPに使用する曲を流して滑走していたところ、進路上でテン選手がスピンをしていた。

   公式練習では、曲をかけている選手の動きを優先させることがマナーになっている。羽生選手は前日29日にも、曲使用中にテン選手と接触しそうになったばかり。そのためか、直後には「それはねえだろ、お前!」と珍しく声を荒げ、SP後には「あれはたぶん故意だと思う」と述べた。一方のテン選手は、「妨害問題」が故意であることを否定したと報じられた。

   この問題をめぐり、テン選手のもとには誹謗中傷メールがいくつも届いているようだ。4月2日夜にインスタグラムを更新したテン選手は、

「私のメールボックスは、脅しや見知らぬ人からの嫌がらせ、人種差別的に私を非難するメールで溢れています。『何が起きたの?』と自問しています」

と明かした。

   騒動については「この件については何も話すことはありません。一方的な根拠に基づいてではありますが、すでに各国のメディアが情報のお祭り騒ぎのごとく取り上げているので」と具体的な言及を避け、「妄想に基づくスキャンダルを議論することは好きではありません」とも述べた。

   その上で、最も多く寄せられた質問への「回答」として

「騒動で心が乱れたのは事実です。一生懸命考えないようにしましたが」

と告白した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中