2018年 11月 15日 (木)

マツダ「ロードスター」、世界カー・オブ・ザ・イヤーで初の「二冠」 「デザイン」部門で日本車第1号に

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   マツダのスポーツカー「ロードスター(海外名MX‐5)」が、ワールド・カー・アワーズ(WCA)が主催する2016年「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー(WCOTY)」を受賞した。マツダ車が同賞を受賞するのは、2008年の小型車「デミオ(海外名Mazda2)」以来2回目。

   3月末に開かれたニューヨーク国際自動車ショーで発表された。日本メーカーの受賞は2011年の「日産リーフ」以来となる。

  • 史上初の「2冠」にネット上には祝福のコメントが寄せられた(画像はマツダのホームページのスクリーンショット)。
    史上初の「2冠」にネット上には祝福のコメントが寄せられた(画像はマツダのホームページのスクリーンショット)。

1989年発売、「4代目」にしての快挙

   同賞は2004年に世界各国の自動車ジャーナリストによって創設され、世界23カ国、73人の自動車ジャーナリストの投票で選ばれる。ロードスターはともに最終候補に残った「アウディA4」、「メルセデス・ベンツGLC」を抑えての受賞となった。

   また、特別賞の一つで最も優れたデザインの車に贈られる「ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー(WCDOTY)」にも選ばれた。日本車の同賞受賞は初。さらに1車種による両賞のダブル受賞は、賞が創設されてから初の快挙だという。基本性能や、デザイン性の高さが評価された。

   ロードスターは1989年に発売された小型スポーツカーで、受賞したのは「4代目」。2015年に約10年ぶりに全面改良されて発売されたもので、マツダ独自のスカイアクティブ技術を採用して走行性能を高めたほか、アルミの使用量を増やすなどして先代より車重を100キロも軽量化し、これまで以上に軽快な走りを実現。2015年12月には同年の「日本カー・オブ・ザ・イヤー」も受賞している。

生産累計も100万台目前に

   賞創設以来の初の2冠に、マツダの毛籠勝弘常務執行役員は「非常に光栄。生産累計台数100万台達成が目前のタイミングでの今回の受賞は、MX‐5がかつてないほど若さにあふれ、活気があり、乗って楽しいすばらしいクルマだという証」とコメントした。

   また、WCDOTYは「ジャガーXE」「マツダCX‐3」と競った末の受賞だった。デザイン本部長の前田育男執行役員は「マツダのデザインがグローバルに高く評価された証として大変誇りに思う。今後も日本ブランドとしての誇りを高く持ち、マツダのデザインをより良いものにしていく決意だ」と語った。

   この偉業に対し、ネット上では「さすがマツダ。世界に誇れるクルマだ」「W受賞、おめでとうございます」「この車ほしい。次は絶対買う」「CX‐3もデザイン賞で残るなんて、マツダすごいよ」などと歓喜と祝福のコメントが並んでいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中