2018年 10月 18日 (木)

妊婦の喫煙で胎児のDNAに変化 出生後に肺がん発症のおそれも

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   妊婦が喫煙すると、胎児のDNAに化学的変化を生じさせ、肺がんにつながる可能性があるとする研究論文が2016年3月31日、米科学誌「アメリカン・ジャーナル・オブ・ヒューマン・ジェネティクス」(電子版)に掲載された。

   研究の対象となった新生児6685人のうち、「妊娠中に日常的に喫煙していた母親」から生まれたのは約13%で、こうした子どもたちの体内6073か所でDNAの化学的変化が確認されたという。4月1日付のAFP通信によると、米国立環境衛生科学研究所(NIEHS)の疫学者、ボニー・ジュバート氏は「変化した遺伝子は、唇に裂け目が出る『口唇裂』や肺がんの発症に関わるものだった」と指摘している。

   同記事は、新生児だけでなく「妊娠中に日常的に喫煙していた母親」を持つ平均6歳の子ども数百人のグループでも、DNAの化学的変化の一部が残っていることが、別の分析で明らかにされたと報じている。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...