シンドラー、日本のエレベーター事業から撤退 過去に死亡事故

印刷

   過去にエレベーター事故があったシンドラーエレベータは2016年4月5日、保守・修理などのサービスを日本オーチス・エレベータに譲渡すると発表した。日本でのエレベーター事業から事実上撤退する。

   シンドラーのエレベーターは、06年に東京都港区で死亡事故が起こり、受注が減ったことを受け、翌年に日本での販売を止めていた。シンドラーと日本オーチスは新会社を設立し、シンドラー従業員約390 人もそこで働くことになるという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中