2018年 8月 15日 (水)

心肺停止6人に 空自機墜落事故「原型をとどめておらず、破片が広範囲に」

印刷

   航空自衛隊飛行点検隊(埼玉・入間基地)所属のジェット機「U-125」(乗員6人)が海上自衛隊鹿屋基地(鹿児島県)の北方約10キロで消息を絶っていた事故で、防衛省は2016年4月8日午前、同県の高隈山周辺で隊員とみられる2人を心肺停止状態で発見したと発表した。これで発見されたのは計6人で、防衛省は身元の確認を進める。

   菅義偉官房長官は4月8日午前の記者会見で、機体について

「原型をとどめておらず、破片が広範囲に広がっているという報告を受けている」

と述べた。

   U-125は4月6日13時15分頃に鹿屋基地を離陸し、16時頃に戻ってくる予定だったが、14時30頃に消息を絶っていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中