2018年 10月 17日 (水)

心肺停止6人に 空自機墜落事故「原型をとどめておらず、破片が広範囲に」

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   航空自衛隊飛行点検隊(埼玉・入間基地)所属のジェット機「U-125」(乗員6人)が海上自衛隊鹿屋基地(鹿児島県)の北方約10キロで消息を絶っていた事故で、防衛省は2016年4月8日午前、同県の高隈山周辺で隊員とみられる2人を心肺停止状態で発見したと発表した。これで発見されたのは計6人で、防衛省は身元の確認を進める。

   菅義偉官房長官は4月8日午前の記者会見で、機体について

「原型をとどめておらず、破片が広範囲に広がっているという報告を受けている」

と述べた。

   U-125は4月6日13時15分頃に鹿屋基地を離陸し、16時頃に戻ってくる予定だったが、14時30頃に消息を絶っていた。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...