2020年 9月 26日 (土)

度が過ぎた「ひとりエッチ」で夫婦関係が壊れるってホント?

送料無料/乳酸菌ごぼう茶

   オトコのひそかな楽しみ。最近では「ひとりエッチ」などと軽やかに呼ばれるが、度が過ぎた方法で行なうと怖~い症状に陥るおそれがある。

   生身の女性の膣の中でイクことができない「膣内射精障害」になる。治すのが難しく、最近いい治療薬ができているED(勃起障害)より深刻だという。

  • 土足のわが家は、床の上で寝ちゃダメよ(イラスト・サカタルージ)
    土足のわが家は、床の上で寝ちゃダメよ(イラスト・サカタルージ)
  • 土足のわが家は、床の上で寝ちゃダメよ(イラスト・サカタルージ)

激しい圧迫感から得られる刺激が危険すぎる

   オナニーには様々な都市伝説がある。「オナニーをし過ぎると頭が悪くなる」「......ハゲる」「......皮膚が黒くなる」などだが、泌尿器科の専門医のサイトをみると、「いずれも科学的な根拠がない。適度なオナニーは体によいので安心してやっていい」と勧めている。「オナニーをしないと古い精子がどんどんたまるし、勃起神経は使わないと退化するためEDになりかねない」というわけだ。

   「それなら、心配する必要ないジャン!」という反論が聞こえてきそうだが、オナニーの方法が問題なのだ。「いいオナニー、悪いオナニー」があり、専門家たちが一致して「危険なオナニー」と指摘するのが、通称「床(ゆか)オナ」と呼ばれる方法だ。ペニスを床や畳、シーツなどに押し付けたり、こすりつけたりするやり方だ。激しい圧迫感から得られる刺激が、女性の膣の中に挿入して得られる快感とはまるで別世界の強さだという。

   泌尿器科医の小堀善友氏は著書「オトコの『性』活習慣病」の中で、その危険性について、次のように書いている(抜粋要約)。

   【最近こんな男性患者が増えている。ある日、Aさんがやってきた。

Aさん「妻の膣の中でイケないんです」
私「オナニーではイケるんですか?」
Aさん「はい。膣の中に挿入はできるんです。途中で中折れするわけでもありません。でもイケないので、妻の方が痛みを訴えるようになりました」
私「勃起障害というわけではありませんね」
Aさん「はい。だから最近は妻に気づかれないようイッたふりをします。このままでは子どもができません。どうしたらいいですか?」

   Aさんは「床オナ」の常習者だった。若い頃、間違ったオナニーに取りつかれた結果、膣内の刺激では満足できず、射精のメカニズムが発動できなくなってしまったのだ。「オナニーではイケる」ということも、「床オナ」ならイケるということだった。】

姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中