2018年 8月 20日 (月)

築地市場で有毒「バラハタ」誤販売 購入者特定できず、都が注意喚起

印刷

   東京都福祉保健局は2016年4月12日、中央区の築地市場にある仲卸店で同日、食中毒を引き起こす恐れがある「バラハタ」1匹が誤って販売されたと発表した。購入者は特定できておらず、都が注意を呼び掛けている。

   都が販売自粛を求めているバラハタは、身や内臓に毒素を蓄積することがある。食中毒による死亡例はほとんどないが、頭痛や下痢、不整脈などの症状を引き起こす可能性がある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中