2018年 10月 21日 (日)

梅毒の感染者数が前年比2倍に 大都市圏でより顕著に増加

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   性行為で感染する「梅毒」の患者数が増加している。国立感染症研究所が2016年4月12日付で発表した資料によると、16年1~3月に梅毒と診断されたのは、前年同期比2倍にのぼった。

   梅毒の感染者数は1967年から毎年減少していたが、2010年を境に再び増加に転じている。16年1~3月の感染者数は796人で、397人だった15年の同時期から倍増した。全国的に増えているが、東京都は350人で前年同期比2.4倍、大阪府は100人で同2.3倍、愛知県は37人で同2.6倍と、大都市での増加が際立った。

   梅毒は、性行為により粘膜や傷口から病原菌が侵入して感染する。感染してから約3週間後、感染した部位(陰部、唇など)に小さな発疹ができ、約3か月後には発疹は全身に及ぶ。数年後には皮膚、筋肉、骨などに腫瘍ができ、死に至る場合もある。

   感染研は、梅毒の感染を防ぐため注意を呼びかけている、具体的には、(1)予防のため性行為時にコンドームを適切に使用する(2)オーラルセックスやアナルセックスでも感染する(3)梅毒は免疫を得られないため、何度でも感染するおそれがある――という点を啓発している。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...