エクアドル地震、死者260人超 日本人4人と連絡取れず

印刷

   南米エクアドルの太平洋岸で2016年4月16日夜(現地時間)に起きたマグニチュード7.8の地震で、死者数は18日までに262人に達したことが分かった。日本人4人の連絡が取れなくなっているという。内外メディアが報じた。

   負傷者は2500人以上に上るとされている。地震で多くの建物が倒壊し、重機などを使ってがれきの下敷きになった人々の救出作業が続けられている。余震は160回以上に上るといい、エクアドル政府は6州に非常事態宣言を出した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中