2018年 8月 16日 (木)

熊本空港で運航再開 JAL・ANA、午前中は到着便のみ

印刷

   熊本県内で相次いだ地震の影響で使用ができなくなっていた熊本空港(熊本県益城町)の旅客便の運航が2016年4月19日朝、一部再開された。熊本空港は4月16日未明の「本震」でターミナルビルが損傷し、丸3日間にわたって全便が欠航していた。手荷物検査や保安検査の施設の復旧が十分ではないため、午前中は日本航空(JAL)と全日空(ANA)は通常とは違う空港内のルートを使って、羽田空港などから到着便のみ受け入れた。

   15時からターミナルビルの利用も一部再開されたため、出発便も順次再開されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中