2018年 7月 19日 (木)

「俺もうこれ以上名前売りたくないので」 松本人志、熊本支援表明への批判を揶揄

印刷

   「売名」「不謹慎」――熊本地震をめぐる有名人の言動への「非難」が話題になっている。当の有名人は、こうした反応をどう捉えているのか。

   今回の熊本地震をめぐっては、タレントの紗栄子さんが被災地への500万円の寄付を表明したことが「偽善」「売名」などと一部からバッシングを受けたり、芸能人などのツイッターでの発言などに「不謹慎だ」などといったコメントが付いたり、といった話題が続いている。

  • 松本さんが言及した自身のツイート
    松本さんが言及した自身のツイート

松本さんに「売名」などとなじるリプライも

   ダウンタウンの松本人志さんも2016年4月16日、「僕にもきっと何かが出来ると思っています。待っていて下さい」と、被災地へ向けたエールをツイッターに投稿した。多くの反応は好意的だったが、中には少数ながら、「売名行為」などとなじるリプライが返された。

   24日の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で松本さんは、自らこの件に触れ、「俺もうこれ以上名前売りたくないので」。共演者らからは笑いが起こったが、松本さんは真剣な表情で、「すごい腹立ちますよ」と憤りを隠さない。

「すっごい腹立ちますけど、これで腹立って(発言を)やめるのも絶対違うし。こういう人たちって......なんなんでしょうね」

   「ワイドナショー」ではこの松本さんのボヤキを含め、こうした心無い発言をする人は「ごく一部」であり、それに流されるべきではない、という論調で話題が進行した。

   対して、同じ日の「サンデー・ジャポン」(TBS系)では、爆笑問題の太田光さんが皮肉たっぷりに「叩く側」の心情を分析した。

「自分は何もできないもどかしさが叩きに転化」

   太田さんが語ったのは、「叩く人たち」の根底にあるのは、被災地のために「自分は何にもしてない」というもどかしさなのでは、という見立てだ。

   太田さんは、テレビなどで被災地の人々のがんばり、あるいは有名人の支援などを見て、自分でも何かしなくては、という気持ちになったとしても、「大半は何もできない。当たり前じゃないですか。もう自分の生活で目いっぱいなわけですから、誰もが何か(支援を)やっているわけじゃない」。そうした「何もできない」という気持ちの吐きだし先として有名人が標的になっているのでは、というのが、太田さんの考えだ。

   「『自分はなんにもしてないな』という気持ちになるのもわかるんですよ」「だから根底には優しい気持ちとか(があって)、自分が(支援を)できないもどかしい、自分を責める気持ちが他に行っちゃってる」と、彼らの気持ちに一定の理解を示した。

   なお「サンジャポ」には、モデルのダレノガレ明美さんも出演。ツイッターなどを通じて被災地への支援情報拡散に貢献しているダレノガレさんにもやはり一部から非難があるというが、「たくさんの人が感謝してくれているので、それ(非難)はもう置いといてどんどん発信してかなきゃ」と語った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中