2018年 7月 18日 (水)

任天堂、マリナーズ株の一部売却へ 筆頭オーナーの座降りる見通し

印刷

   任天堂は2016年4月28日、子会社の米国任天堂が保有する米大リーグ球団、シアトルマリナーズの持ち分の一部を売却する交渉を始めたと発表した。発表によると、売却で米国任天堂は筆頭オーナーではなくなる見通し。マリナーズは米ワシントン州に本拠地を置いているが、他の地域に売却される恐れが出たため、地元の要請を受ける形で任天堂の山内溥社長(当時)が個人で資金を出して1992年に筆頭オーナーになった。2004年には山内氏の持ち分が米国任天堂に移転され、任天堂としては24年間にわたって筆頭オーナーを続けてきた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中