2018年 12月 13日 (木)

ニラに似たスイセン食べないで 「有毒な植物」で食中毒に注意

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   家庭菜園で栽培した野菜や野草と間違って毒を持つ植物を食べてしまい、食中毒になるケースが発生していると、消費者庁が2016年4月13日、ウェブサイト上で注意喚起を出した。

   発表資料によると、2015年の1年間で家庭菜園や山菜取りで有毒な植物を食べて食中毒になった人数は、全国で42人。そのうち、死者は過去10年間で最多の4人にのぼった。食用と勘違いして食べてしまう場合が多く、16年に入ってからも熊本県阿蘇郡の男性が4月3日、自宅の庭で取ったスイセンの葉をニラと間違えて食べ、下痢や嘔吐(おうと)の症状が出た。スイセンは有毒植物だが、葉の色や形状がニラとよく似ている。

   同庁が、家庭菜園で育てた植物や庭に生えていた植物を食べた経験を持つ2000人に対して実施したアンケート調査によると、約40%が「植物によっては死亡する場合がある」ことを知らなかった。同庁は、食用か鑑賞用かをよく確認してから食べるよう呼びかけている。

   厚生労働省の統計によると、有毒植物による食中毒の発生件数は、山菜取りで野草を食べる機会が増える毎年4~5月に多くなる。消費者庁は、確実に食用と判断できなければ野草を食べるのは避けるよう呼びかけている。

iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中