米財務省、日本や中国を「監視対象」に指定 為替政策で

印刷

   米財務省は2016年4月29日(米東部時間)、貿易相手国の為替政策を分析した半期レポートを発表した。報告書では、多額の対米貿易黒字を抱える日本、中国、韓国、台湾、ドイツの5か国・地域を新たに「監視リスト」に初めて加え、為替政策を重点的に分析していく考え。日本については、円相場の動きが「秩序を保っている」として、為替介入をけん制した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中