2018年 12月 10日 (月)

LGBTの半数超「トイレでストレス感じる」 「不審に見られた」「いじめられた」経験も

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   住宅用設備メーカーのLIXIL(リクシル、東京都千代田区)は2016年4月8日、性同一性障害や同性愛など性的少数者(LGBT)の半数以上が、職場や学校のトイレを利用する際に「ストレスを感じる」というアンケート調査の結果を、同社ウェブサイトで発表した。約7割が理由として「周囲の視線が気になる」ことを挙げている。

   トイレ利用で「困る・ストレスを感じる」人は全体の52.7%で、出生時の性別と心の性別が一致しない「トランスジェンダー」に絞ると64.9%にのぼった。トランスジェンダーからは「自分の性について常に考えながらトイレに行く」という声が出ており、LGBTの中でも特にトイレを使う際に困惑しやすいことがうかがえる。

   50.4%が「他の利用者から不審な目で見られた」経験があり、中には「トイレが原因でいじめられた」との回答も出た。 トイレの種類を自由に選べるなら、性別や障害の有無を問わずに利用できる「だれでもトイレ」を使いたいと答えた人は、3割以上を占めた。

   LGBTのトイレ利用問題について、米国では公衆トイレを男女別にせず、共用にしようという動きがある。米国政府も推進しており、15年4月にはホワイトハウスに男女共用トイレが設置された。

   アンケートはリクシルと特定非営利活動法人・虹色ダイバーシティが共同で、日本に住む10歳以上のLGBTの624人に対して15年11月24日~12月24日に実施した。

iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中