4年半ぶりに日中外相会談

印刷

   岸田文雄外相は2016年4月30日、中国の王毅外相と北京の釣魚台迎賓館で会談し、両国の関係改善に向け、双方が努力することで一致した。

   日本の外相が訪中するのは、国際会議以外では4年半ぶり。会談は昼食を含めて4時間半にわたって行われた。

   複数の報道によると、岸田氏は、中国が東シナ海や南シナ海で海洋進出を強めていることに対する懸念を伝えたという。一方の王氏は、関係の改善について4項目の「希望と要求」を提出したという。

   岸田氏は記者団に対し「さらなる日中関係の改善のために双方が努力していくことで一致した」「日中間の歯車を回す端緒になったと思っている」などと述べた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中