2018年 10月 23日 (火)

熊本地震ボランティア向け「方言集」  これで「ナンノナンノ」の意味もバッチリ

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   熊本地震の支援で県外からボランティアに来てくれた人たちが、初めて聞く方言に戸惑ってしまうかもしれない――。福岡女学院大学人文学部メディア・コミュニケーション学科の二階堂整教授などのチームは、県外からの訪問者が地元住民とのコミュニケーションを円滑に図れるようにするために、2016年4月23日に「熊本支援方言プロジェクト」を立ち上げ、方言語い集をダウンロードできるウェブサイトを開設した。

   同プロジェクトはまず、「医療・福祉関係の方言」「身体の部位を表す方言」の語い集をそれぞれ作成、公開した。熊本県の方言は北部(熊本市など)、南部(八代市など)、東部(阿蘇市など)の3地域で異なるため、地域ごとに分けて作成されている。ただし、「医療・福祉関係の方言」の東部版は5月6日現在、未完成のため公開されていない。

   4月28日には、一般向けの方言ガイドを公開した。県外からの支援者・ボランティアを想定している。「ナンノナンノ=どういたしまして」といったあいさつのほか、聞き取りにくい発音として「ヤッバ=役場」、誤解しそうな方言として「ワカラン=だめだ」など、A4用紙2枚分にまとめている。こちらは3地域に分けず、1種類のみ。サイトからダウンロードして活用できる。

   プロジェクトでは今後、被害状況や被災地の要望を反映し、順次改訂していく予定。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-salon.png
【初心者大歓迎】アナログゲームイベント開催決定!

脳の普段使わない部分が活性化される感覚を味わう。初めて会う人とも盛り上がり、ついつい声まででてしまう。そんなアナログゲームの楽しさを体験しに来てください!

PR 2018/10/19

姉妹サイト
    loading...