2018年 8月 18日 (土)

熊本の避難所で食中毒 おにぎりが原因

印刷

   地震による大きな被害が出た熊本市で2016年5月6日、避難所に避難している被災者が腹痛や下痢の症状を訴えていた問題で、熊本市保健所は5月9日、避難所で配られたおにぎりが原因の食中毒と断定した。

   昼食で配られたおかかおにぎりから、食中毒を引き起こす「黄色ブドウ球菌」が検出された。おにぎりを食べた人のうち34人が症状を訴えたが、既に全員が快方に向かっているという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中