2018年 12月 12日 (水)

小倉智昭さん「膀胱がん」を早期発見 初期段階なら5年生存率95%超

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   人気キャスターの小倉智昭さん(68歳)が2016年5月13日、司会を務めるフジテレビ「とくダネ!」の番組中、膀胱(ぼうこう)がんを患っていることを告白した。1週間休養して手術を受けることにするという。

   膀胱がんとはいったいどんな病気なのだろうか。

  • 小倉さんは「ちゃんと戻ってまいります」と宣言
    小倉さんは「ちゃんと戻ってまいります」と宣言

痛みのない血尿が出たらすぐ専門医へ行こう

   小倉さんは番組の中で、病気発見の経緯について次のように説明した。

「昨年末からほんのちょっと血尿を見つけ、細胞診を行ないました。糖尿があるので腎臓に(異変が)出るのが怖かったのですが、全部くまなくチェックして最後に膀胱に内視鏡を入れたら、がんがあるのが分かりました」

   早期発見だったため、入院は短期間になる見通しで、「お医者さんによく血尿を見つけたねと言われたくらいで、ちゃんと戻ってまいります」とも語った。

   小倉さんも語っているとおり、専門医のウェブサイトをみると、膀胱がんは初期症状が現れやすく、早期に発見されるケースが多いがんの1つだ。その初期症状とは次のようなものだ。

(1)血尿。膀胱がんの血尿は痛みが伴わないのが特徴で、血尿が出たり、出なかったりを繰り返し、次第に血尿が出る時間が長くなる。血尿は腎臓病や膀胱炎でも起こるが、痛みがない場合は膀胱がんの疑いが強い。

(2)排尿時の痛み・下腹部の痛み・脇腹の痛み。これらは膀胱炎と似た症状だが、抗生剤でも痛みがひかないことが多いのが特徴。

(3)排尿障害。膀胱にできたがんが尿管をふさぐと、尿が膀胱に入ることができず、尿が出にくくなる。

(4)背中の痛みやむくみ。(3)の症状が進行すると、腎臓に尿が溜まって障害が起き、背中が痛くなる。

   これらの中でも、(1)の痛みを感じない血尿が最も初期に現れる症状で、膀胱がん患者の約80%に見られる。その段階ですぐに専門医を受診することが大切だ。初期のステージ1だと、5年生存率は約95%を超え、ほとんどの人を治すことができる。ステージ全体でも5年生存率の平均は約60%以上で、すべてのがんの中で比較的予後がいい方だ。

   治療は、大きく分けて、膀胱を全摘出する手術と温存する方法の2つがある。全摘出する場合でも最近は、腸の一部を使って体内に袋を作り、膀胱の代わりにするなど、通常と同じ尿道から尿を排出できる方法が発達している。

立花隆・田中康夫・菅原文太さん、3人3様のがん体験

   膀胱がんを告白している著名人は少なくない。評論家の立花隆さんは、2007年暮れに膀胱がんとわかり、全摘出手術を受けた。その様子も含め、立花さんとNHKスペシャルのスタッフが世界中のがんの専門家を取材、がんと正面から向き合った番組「立花隆 思索ドキュメント がん 生と死の謎に挑む」(2009年11月放送)を制作、大きな反響を呼んだ。立花さんはその後もがんや生死に関する著作を発表し続けている。

   作家で元長野県知事の田中康夫さんも、県知事時代の2003年12月に膀胱の全摘手術を受けたことを、1か月後に県政記者クラブで発表した。その際、小腸を使って新しい膀胱を体内に作り、尿路を再建した手術内容を詳しく説明。

「『人工膀胱』という言葉で表現されると、まるで体の外に人工物を作るイメージがあるので、ぜひ控えるようお願いします。まだ、紙おむつを使っていますが、数か月すると自分で排尿することができると医師から言われています」

と病気への理解と患者たちへの配慮を求めた。

   俳優の菅原文太さん(2014年11月、転移性肝がんで死去・享年81)は、2007年4月、膀胱がんとわかった。菅原さんは温存療法を選び、次のような経験を語りながら全国を講演し、膀胱がんの早期発見とセカンドオピニオンの重要性を説いて回った。

「新幹線のトイレで血がポタポタと落ちました。すぐ知り合いの泌尿器科の先生に診てもらうと、『自分じゃ手に負えない』と別の先生を紹介されました。いろんな先生に当たったが、10人中9人から膀胱を全摘しないと余命は半年から1年だと言われましたが、私は立ち小便をしたいのです。10人中の1人の医師が全摘しないで済むかもしれないと言ってくれました。そして今、私はピンピンここに立っています」

松田優作に映画「ブラック・レイン」出演がなかったら

   立花さん、田中さん、菅原さん。3人3様に「膀胱がん体験」を社会に伝えている。3人とは別の鮮烈な形で膀胱がんの怖さを印象づけたのが、1989年11月、40歳の若さで逝った俳優の松田優作さんだ。

   松田さんは、死去の約1年前から血尿が止まらず、腹がパンパンに張っていた。都内の病院で診察を受けると、かなり進行した膀胱がんとわかった。しかし、治療を拒み、数か月間の撮影に入った。パラマウント映画「ブラック・レイン」の出演が決まり、念願のハリウッドデビューを果たせるからだ。病気のことは妻・美由紀さんにも隠し通し、撮影中は血尿を見られないよう他人がいるトイレには入らなかったといわれる。

   告別式の日、大の親友だった俳優の原田芳雄さん(2011年7月、大腸がんで死去・享年71)はこう弔辞を述べて泣いた。

「優作......。俺は今までお前が死ぬところを何度も観てきた。その度にお前は生き返ってきたじゃないか。役者なら生き返ってみろ! 生き返って出てこい!」
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中