東武東上線で脱線事故、池袋―上板橋間で運転見合わせ続く 

印刷

   2016年5月18日正午頃、東京都板橋区の東武東上線中板橋-大山駅間で、上り普通電車(10両編成)の一部車両が脱線し、緊急停車した。乗客にけが人はなかった。ただ、事故から6時間以上が経過した18時30分現在も、東武東上線は池袋-上板橋間で上下線とも運転を見合わせている。

   東武鉄道によると、運転再開の時期については「まだ見通しが立っていない」。復旧作業を進めているというが、まだ現場からは事故車両が撤去されておらず、「運転再開には相当な時間がかかる予定」だという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中