2020年 1月 22日 (水)

フジテレビが「デマ写真」に釣られる 東武東上線事故に「インドネシアの映像」を使ってしまう

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   ネットユーザーの「デマ画像」に、またマスコミが騙された――。2016年5月18日放送のフジテレビ系情報番組「直撃LIVE グッディ!」で、ツイッターに投稿された「インドネシアの鉄道事故」の画像を、同日発生した東武東上線の脱線事故の現場写真だと誤って紹介する一幕があった。

   ツイッターやネット掲示板には、「直撃取材しろよ」「確認しないまま全国発信しちゃうとか」などと番組への批判が相次いでいる。その一方で、今回フジテレビに「デマ画像」を提供したユーザーの行動に対しても、「タチが悪すぎる」などいった声が出ており、こちらもまた「炎上状態」となっている。

  • フジテレビ系『グッディ』が「デマッター」に騙される(画像は番組公式サイト)
    フジテレビ系『グッディ』が「デマッター」に騙される(画像は番組公式サイト)

「またフジか...」「ちょっとは学習しろ」

   「いまご覧頂いているのは、一般の乗客の方が撮影した脱線箇所の映像です」。問題の「デマ画像」は、18日正午頃に発生した東武東上線の脱線事故を速報した「グッディ!」の生放送中に紹介された。

   「脱線箇所とみられる車輪」というキャプション付きで画面に映し出されたのは、あるユーザーが事故の直後に「東上線ほんとに脱線してるわ...」とのコメント付きでツイッターに投稿した画像だ。

   電車の車輪部分を接写したもので、車体の色や形は全く分からないが、レールから車輪が外れている様子がおさめられている。番組MCの安藤優子キャスターは、画像について「明らかに、車輪が内側に脱線しています」などとコメントしていた。

   だが実際のところ、番組で紹介されたこの画像は、東武東上線の事故とは全く関係がない。これは同日早朝(日本時間)にインドネシアで発生した鉄道事故の様子で、現地ラジオ局「Sindo Trijaya FM」がツイッターに投稿していた写真だ。

   つまり、「グッディ!」の制作スタッフは、ネットユーザーがわざと投稿した「デマ画像」にまんまと騙され、全く関係のない画像を生放送で取り上げたことになる。この「ミス」に気付いたネットユーザーからは、

「すぐ近くなのに取材にも行かず何してんの?」
「公に流すのに、信憑性ないものをしっかり確認もせず取り上げるな」
「自分達で取材する気がないんだろうな」

などと制作サイドへの批判が相次いで上がった。

   また、フジテレビは16年4月14日に放送した熊本地震の特別番組の中でも、ツイッターで流れた「イオンモール熊本で火災が発生した」とのデマ情報を取り上げ、番組中で訂正したことがあった。そのため、ネット上では「またフジか...」「ちょっとは学習しろ」と呆れるような声も出ていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中