2018年 10月 17日 (水)

出生率、2年ぶり増加 厚労省が2015年の統計発表

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   1人の女性が生涯に産むと見込まれる子供の数を推計した合計特殊出生率は、2015年に1.46となり、前年を0.04ポイント上回った。厚生労働省が16年5月23日、発表した。上昇は2年ぶり。1.46の出生率は1994年の1.50以来の水準で、経済環境の好転や30歳代~40歳代前半などの出産が増えたことが背景とみられる。ただ、人口を維持するのに必要とされる2.07にはほど遠い状況にかわりはない。

   2015年に生まれた子供は100万5656人で、5年ぶりに増加。ただ、過去最少だった14年から2117人の増加にとどまった。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...