2018年 8月 21日 (火)

出生率、2年ぶり増加 厚労省が2015年の統計発表

印刷

   1人の女性が生涯に産むと見込まれる子供の数を推計した合計特殊出生率は、2015年に1.46となり、前年を0.04ポイント上回った。厚生労働省が16年5月23日、発表した。上昇は2年ぶり。1.46の出生率は1994年の1.50以来の水準で、経済環境の好転や30歳代~40歳代前半などの出産が増えたことが背景とみられる。ただ、人口を維持するのに必要とされる2.07にはほど遠い状況にかわりはない。

   2015年に生まれた子供は100万5656人で、5年ぶりに増加。ただ、過去最少だった14年から2117人の増加にとどまった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中