2018年 11月 14日 (水)

羽田滑走路で大韓機エンジンから煙、320人脱出 空港離着陸はマヒ状態に

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   2016年5月27日12時30分ごろ、羽田空港で大韓航空機の左エンジンから煙が出る事故があった。乗員・乗客は全員脱出し、14時時点で重い症状のけが人は確認されていない。この影響で2時間以上にわたって全機が発着を見合わせた。

   羽田空港に着陸しようとしていた飛行機は伊豆大島や房総半島で待機した後に、続々と出発地に引き返したり成田空港に着陸したりしている。すでにゲートを出発し、滑走路上で立ち往生している飛行機も複数あり、首都の空の玄関はマヒ状態になった。

  • 一時は20機以上が上空で着陸を待った(「フライトレーダー24」の画面から)
    一時は20機以上が上空で着陸を待った(「フライトレーダー24」の画面から)

国内線は欠航、国際線は成田、関空に着陸も

   事故を起こしたのは羽田発金浦空港行きのKE2708便(ボーイング777-300型機)。4本ある滑走路のうち、国内線第2旅客ターミナルの東側にあるC滑走路から離陸しようとしたところ、左側のエンジンから火が出た。乗員・乗客約320人が乗っていたが、シューターを利用して脱出した。30人ほどが「気分が悪い」などと訴えているが、重い症状の人は確認されていないという。事故機は1999年に大韓航空機に納入され、最近では羽田-金浦線を1日に2往復していた。

   14時現在、羽田空港の離着陸は中断された状態で、一時は20機以上の航空機が首都圏周辺の海上を旋回して着陸を待ったが、続々と出発した空港に引き返したり、成田空港や関西空港に着陸したりしている。国内線中心に欠航が相次ぐなど航空ダイヤは大幅に乱れている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

20181031_kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中