池に落ちた男児を助けようと...... 70代夫婦が溺れて死亡 富山

印刷

   2016年6月4日15時ごろ、富山県砺波市井栗谷の貯水池で近くに住む無職・前田輝夫さん(77)と妻の紋子(あやこ)さん(73)が溺れた、と夫婦の孫から119番通報があった。駆け付けた消防隊員が約1時間後に夫婦を救出したが、搬送先の病院で死亡が確認された。

   紋子さんは、誤って池に転落した男児(7)を助けようとして溺れ、紋子さんを救助しようとした輝夫さんも溺れた。貯水池の深さは2メートルから3メートルほどで、池の周囲に柵はなかったという。男児は別の人に助けられて無事だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中