2018年 7月 22日 (日)

中国艦が尖閣諸島の接続水域を航行 「領海侵犯」は確認されず

印刷

   防衛省は2016年6月9日、中国海軍のフリゲート艦1隻が尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の接続水域に一時入ったと発表した。9日未明の0時50分ごろ、フリゲート艦1隻が尖閣諸島の久場島北東を航行しているのを海自護衛艦「せとぎり」が確認した。フリゲート艦は約2時間20分にわたって航行し、3時10分ごろ、大正島北北西から接続水域を離れた。

   これを受けて同日、外務省の斎木昭隆事務次官は、程永華・駐日中国大使を外務省に呼び、抗議した。

   また、防衛省によると8日21時50分ごろ、ロシア海軍のウダロイ級駆逐艦1隻、補給艦1隻、タグボート1隻の計3隻も接続水域に入り、9日午前3時5分ごろ抜けた。海自護衛艦「はたかぜ」がこれを確認した。接続水域の場所は「非公表」としているが、マスコミ報道によると中国艦と同じ久場島と大正島の間だという。

   同省担当者はJ-CASTニュースの取材に、「中ロ艦ともに領海侵犯は確認されていないが、双方の関係は現在調査中」と話している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中