2018年 8月 16日 (木)

所属モデルをAV撮影に派遣 芸能プロダクション元社長らを逮捕

印刷

   所属していたモデル(当時20)をアダルトビデオ(AV)の撮影に派遣したとして、警視庁は2016年6月11日、芸能プロダクション「マークスジャパン」の元社長ら3人を労働者派遣法違反の容疑で逮捕した。新聞各紙が6月12日、捜査関係者の話として伝えた。

   3人は13年9月頃、所属女性をAV制作会社に派遣し、労働者派遣法上「公衆道徳上有害な業務」として規制されているAV出演業務に就かせた疑いが持たれている。

   女性は09年にモデルとして契約。契約には、AV出演を示唆する内容が含まれており、女性が契約の解除を求めると「違約金が発生する」「親に請求書を送る」などとして出演を強要していたという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック