2018年 9月 23日 (日)

菅官房長官「非常にショック」 秋田「人食いグマ」事件

印刷

   秋田県内で駆除されたツキノワグマの体内から人肉らしきものが発見された事件で、菅義偉官房長官は2016年6月17日午後の定例会見で、「非常にショックを受けている」と述べた。フリージャーナリストの安積明子さんの質問に答えた。

定例会見に臨む菅義偉官房長官
定例会見に臨む菅義偉官房長官

   菅官房長官は秋田県出身で、

「この時期になると、農家の人がよくタケノコを取りに行くもんですから、こうした事案があってから県警・消防等で注意を喚起しているという報告を受けている」

などと話した。

   5月下旬以降、秋田県鹿角市の山林でタケノコ採りをしていた4人が相次いで死亡し、いずれもクマに襲われたことが原因だとみられている。6月10日になって現場近くで体長約1.3メートルのツキノワグマ1頭が駆除され、6月13日に体内を調べたところ、人の体の一部らしきものが発見された。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中