2018年 7月 19日 (木)

Mr.サンデー「上海ディズニー」報道に批判殺到 映画「ムーラン」知らなかった?

印刷

   2016年6月19日放送の情報番組「Mr.サンデー」(フジテレビ系)に対し、ディズニーファンから「いい加減な報道をするな!」との批判が相次いでいる。

   番組では、16日に開業したばかりの「上海ディズニーランド」を特集。その中で、「ディズニーキャラにはいない」「三国志風の山車まで用意」などと紹介されたのは、古代中国を舞台としたディズニー映画『ムーラン』のキャラクターだった。

  • 上海ディズニーランドには『ムーラン』のキャラクターが登場する(Imaginechina/アフロ)
    上海ディズニーランドには『ムーラン』のキャラクターが登場する(Imaginechina/アフロ)

「中国風にアレンジしたディズニーキャラでした」

   1998年に公開された『ムーラン』は、中国の伝説「花木蘭」をモチーフにした長編アニメーション作品。「アニメ界のアカデミー賞」と呼ばれる「アニー賞」を98年に受賞しているほか、04年には続編のビデオ作品も制作されている。

   中国本土では初となる「上海ディズニーランド」のパレードには、自国を舞台にした『ムーラン』のキャラクターも登場していた。だが、19日放送の「Mr.サンデー」では、パレードの様子について、

「膨大な集客を見込める中国へのサービスなのか、パレードには本来ディズニーキャラにはいない、三国志風の山車まで用意」

と紹介。ネット上には、視聴者から「ムーランも知らないのか」「特集するならちゃんと調べてからやれ」との指摘や批判が放送中から殺到した。

   こうした指摘を受けてか、番組の終了間際に、女性アナウンサーによる「訂正」が入った。だが、その訂正の内容が、

「先ほど上海ディズニーランドを紹介するVTRで、本来ディズニーキャラにはないと説明しましたが、中国風にアレンジしたディズニーキャラでした」

と、『ムーラン』を知っているファンからすれば、再び「的外れ」なものになってしまった。このため、ネット上には「ムーランは元々中国の話だよ」「訂正すらまともに出来ないとか」といった声があふれた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中