「給料未払い」インド料理店から経営者が消えた 「自主営業」続ける外国人労働者らの声

印刷

   「皆さん助けてください」「賃金も2年間払われていません」――。東京都内に5店舗を構えるインド料理店「shanti(シャンティ)」全店に張り出された、外国人従業員による「SOSポスター」をめぐるトラブルが物議を広げている。

   経営者は行方をくらまし、従業員が自主営業を続けているという異常事態は、ネット上で「ひどすぎる」と大きな話題を呼んでいる。J-CASTニュースは、ポスター張り出し直後から従業員の代表者らに取材を進めてきた。

  • 「このままでは住むところがなくなる」と訴えるシャンティの従業員
    「このままでは住むところがなくなる」と訴えるシャンティの従業員
  • 店の外には「応援メッセージ」がつづられた手紙が
    店の外には「応援メッセージ」がつづられた手紙が
  • 店内にはこうしたポスターが何枚も張られている
    店内にはこうしたポスターが何枚も張られている

「今年に入ってから、給与は1円も払われていない」

「私達は6月20日で解雇・お店閉鎖を通告されています。賃金も2年間払われていません。皆さん助けてください」

   シャンティ全店舗に2016年6月13日から掲出されたポスターには、こんな文章が「従業員一同」との署名付きで書かれていた。ポスター下部には、従業員の代表者とみられる外国人2人の名前と連絡先の記載もある。

   代表者の1人であるバングラデシュ人の男性は6月15日のJ-CASTニュースの取材に、

「ポスターには2年と書きましたが、実は7~8年前からずっと全従業員が給料の一部しか貰えていない。今年に入ってから、給与は1円も払われていない」

と窮状を訴える。この代表者は店の従業員ではないが、日本語が得意なため、通訳としてサポートを行っているという。

   ポスターに「2年前」と記載したのは、労働基準法では賃金請求権が2年で消滅するためだという。そこで5月25日に従業員全員の過去2年間の未払い賃金「6296万円」を運営会社の日本人経営者に請求し、6月13日には池袋労働基準監督署に申し立てた。

   現在、シャンティで働く外国人従業員は全部で15人で、大半がインド人だ。契約上は給料が20万円とされているが、食費や住居代名目で10万円以上が差し引かれる。残りの給料も大部分が支払われておらず、なかには、1度に手にする給与が約4万円しかなかった従業員もいるという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中