2018年 10月 21日 (日)

個人輸入のダイエット薬で甲状腺異常 過去に死者、山梨県が「服用中止を」

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   やせ薬をうたう「ホスピタルダイエット」という錠剤を服用していた女性に健康被害が出たため、山梨県は2016年6月21日、服用中止を呼びかけた。

   県によると、5月26日に県内の医療機関から保健所に「インターネットを通じてタイから『ホスピタルダイエット』を個人輸入し服用していた30代女性に、甲状腺機能亢進症とみられる症状が出ている」と連絡があった。県が同製品を分析したところ、複数の医薬品成分が検出された。

   同製品は2002年から18件の健康被害が報告され、死者も出ており、厚生労働省が注意喚起している。今回確認された「甲状腺機能亢進症」は、甲状腺ホルモンが過剰に分泌される状態のことで、バセドウ病などの疾患で引き起こされる。

   県は同製品の服用者に、服用中止と、健康被害が疑われる場合は医療機関の受診、保健所への連絡を呼びかけている。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...