2018年 8月 14日 (火)

対中国機のスクランブル、1.7倍に 16年4~6月

印刷

   自衛隊制服組トップの河野克俊・統合幕僚長は2016年6月30日の記者会見で、16年4~6月の中国機に対する緊急発進(スクランブル)の回数が前年同期比で80回以上増加したことを明らかにした。前年同期は114回で、1.7倍に増加した形だ。

   自衛隊OBが、中国機が東シナ海で空自の戦闘機に対して攻撃動作を仕掛けてきたとする記事を発表したことについては、

   「攻撃動作を取ったとかミサイルを撃ちそうになったという事実はないので、事実と異なることに基づいて論文・記事が書かれたということについては、私としては適切ではないと思う」

   などと事実関係を否定した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中