2018年 8月 21日 (火)

大麻はやっぱり体に悪かった 「脳に悪影響」大阪大で仕組み解明

印刷

   大阪大学大学院の木村文隆准教授(分子神経科学)の研究グループは2016年6月30日、大麻が脳に悪影響を与えるメカニズムを解明したと発表した。「カンビノイド」という大麻の成分が神経回路を破壊するという。

   研究グループは、脳の損傷や認知症の治療薬開発につながる可能性があるとコメントしている。また、脳への悪影響を科学的に説明することで、大麻をはじめ危険ドラッグ乱用防止の啓発にも活用できると期待している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中