2019年 1月 22日 (火)

ゴルフ松山英樹、リオ五輪「出ません」 虫刺されに強いアレルギーでジカ熱不安

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   男子ゴルフの松山英樹選手は米国時間2016年7月3日、ジカ熱や治安への不安を理由に、8月のリオデジャネイロ五輪への出場を辞退すると発表した。世界選手権シリーズ、ブリヂストン招待が行われた米オハイオ州アクロンの会場で表明した。

   松山選手はリオ五輪出場について聞かれ「出ません」と明言。ジカ熱は、ジカウイルスをもつ蚊を媒介にして感染する。松山選手は虫刺されに対して強いアレルギー反応が出るといい、過去に何度か、虫刺され部位が化膿して十分なプレーができなくなった経験があるという。こうした体質の問題から、リオ五輪でもベストコンディションを維持するのは難しいと判断し、「苦渋の決断」で辞退したという。

   J-CASTヘルスケアが2016年6月6日に報じたとおり、松山選手は5月31日にもリオ五輪について、ジカ熱の情報がJOC(日本オリンピック委員会)から入ってこないため「そんな状態で行けと言われても不安はある」と口にしていた。

   ゴルフ代表は、2016年7月11日付の世界ランキングをもとに男女2人ずつが選出される見込みで、日本男子勢最上位の松山選手は代表入りが確実視されていた。

20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中