2018年 8月 19日 (日)

群大病院で今度は頸椎手術のミス 腹腔鏡手術で患者相次ぎ死亡

印刷

   群馬大医学部付属病院は2016年7月8日、整形外科で手術した50代の男性に右手足のまひが残る医療事故が発生したと発表、謝罪した。

   手術は2015年11月に行われた。男性患者の頸椎(けいつい)を器具で固定する手術で、執刀医が器具を入れる位置を誤ったため男性の脊髄の神経を圧迫するミスが起きた。再手術をしたが、男性には神経障害が残ったままとなった。

   同病院では2014年、男性医師(退職)による腹腔鏡手術を受けた患者が相次いで死亡する問題が発覚した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中