2019年 11月 14日 (木)

女子大生社長・椎木里佳「美談ツイート」が炎上 「勝ち組の自己満足」「優越感に浸りたいだけ」

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   現役女子大生で実業家の椎木里佳さん(18)がツイッターに投稿した「美談」が、ネット上で思わぬバッシングを呼ぶことになった。

   椎木さんのツイートは、ボロボロの服を着た男性に牛丼代を渡そうと考えたが、「ダサい感情が邪魔をしてできなかった」という後悔をつづったもの。こうした投稿に対し、ネット上では、「勝ち組の自己満足ではないか」「苦労も知らないくせに」などと、椎木さんの「華麗な経歴」を理由に反発が強まっている。

  • 椎木さんが投じた「美談」にネットユーザー猛反発(画像はツイッターより)
    椎木さんが投じた「美談」にネットユーザー猛反発(画像はツイッターより)

「もし私のこと知ってたらどうしよう」

   「女子高生社長」という肩書で話題を呼んだ椎木さんは、2016年春には慶應義塾大学に進学。中学3年生の若さで設立したマーケティング会社AMFの代表取締役社長として事業を運営するほか、ワイドショーや情報番組などメディアへの露出も多い。

 

   そんな椎木さんが2016年7月11日深夜に投稿したツイートが、いまネット上で物議を醸している。

   椎木さんは車で移動中、「牛丼屋の前でボロボロになっている服を着て、1人で立ち止まってる男性」を窓越しに見かけた。その後、この男性は「財布の中身をチェック」して、「諦めたように(中略)行ってしまった」という。

   椎木さんは、「お金を握りしめて車から降りよう」と考えたという。だが結局、椎木さんは考えを実行に移すことが「できなかった」。その理由について、

「バカにされてるって思われたらどうしよう。もし私のこと知ってたらどうしよう。そんなダサい感情が邪魔をしてできなかった」

と後悔を交えつつ説明している。その上で、投稿の末尾には「今度は(車から)降りてみようと思う。勇気を出して声をかけてみよう」との決意もつづっていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中