2019年 8月 18日 (日)

アメリカ放題「無料」がひっそり終了 「ひっそり過ぎるわ!」と大混乱

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   ソフトバンクが提供している、渡米時にスマートフォンの通話やデータ通信が使い放題になる「アメリカ放題」の無料キャンペーンの終了を知らずに、サービスを利用したユーザー宛てに高額な請求書が届いていることがわかった。

   インターネットには、高額請求があったとみられるユーザーと、ソフトバンクのカスタマーサービスとのやり取りなどが公開されており、注意を呼びかけている。

  • ソフトバンクの「アメリカ放題」キャンペーン、ひっそりと終了…
    ソフトバンクの「アメリカ放題」キャンペーン、ひっそりと終了…

ソフトバンクならではのサービスで大好評

   ソフトバンクの「アメリカ放題」は、「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」などのユーザーを対象に、同社が2013年6月に買収した米Sprintのネットワークを利用して、米国本土やハワイなどの滞在時のスマートフォンによる通話やSMS(ショートメッセージ)、データ通信が使い放題になるサービス。NTTドコモやau(KDDI)にはない、日米の事業基盤を生かしたソフトバンクならではのサービスとして注目され、サービスがはじまった2014年9月19日から、申し込み不要で「無料」の記念キャンペーンを実施してきた。

   サービスの開始当時はインターネットでも、

「アメリカでもスマ放題が使えるらしいぞ。これはかなりのアドバンテージだろ」
「まじかよ!! 通話にデータ通信もならすごい!」
「国際電話代ではずい分と散財したからなあ。隔世の感があるわ。いやあ、いい時代になったもんだ」

などと、大好評だった。

   そんな「アメリカ放題」サービス開始記念キャンペーンだが、ソフトバンクはスタート当初、終了期日を「未定」としていた。ところが、それを1年9か月経った2016年6月30日に打ち切った。利用者が増え、多くの人に認知されたことなどがキャンペーン終了の理由とされる。

   7月1日からは、新たに月額980円の利用料金と、通話料やデータ通信料がかかるようになった。ただし、データ定額パック・標準(5GB)以上に加入するユーザーは、キャンペーン終了後も引き続き無料で利用できる(データシェアプラス、家族データシェアなど、一部のサービスに加入している場合を除くほか、課金は米Sprintのネットワークを利用した月のみ)という。

   ソフトバンクは、「『アメリカ放題』の申し込みがないと、『海外パケットし放題』が適用されることになり、1日最大2980円がかかります」と話している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中