2020年 9月 26日 (土)

石原伸晃氏、親族締め付け「党紀」がブーメラン? 「弟」良純氏の「鳥越」発言で物議【都知事選2016】

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!

   東京都知事選(2016年7月31日投開票)をめぐる自民党東京都連の締め付け策が、思わぬ形で「ブーメラン」になりかねないとの指摘が出ている。

   都連が所属議員に出して通達では、議員本人のみならず親族が競合する候補を応援した場合も「処分」の対象になることをうたっている。だが、よりによって都連会長を務める石原伸晃氏(59)の弟でタレントの石原良純氏(54)が、テレビ番組で野党統一候補の鳥越俊太郎氏(76)について、「応援」にあたる発言をしたのではないかという指摘が出たからだ。

  • 石原伸晃氏はTBSラジオの番組で「家族まで関係するとか、そういうことはない」などと話していた(写真はTBSラジオの発表資料から)
    石原伸晃氏はTBSラジオの番組で「家族まで関係するとか、そういうことはない」などと話していた(写真はTBSラジオの発表資料から)
  • 石原伸晃氏はTBSラジオの番組で「家族まで関係するとか、そういうことはない」などと話していた(写真はTBSラジオの発表資料から)

猪瀬元知事「親族を含む、に苦笑。北朝鮮じゃないんだから」

   自民党東京都連は増田寛也氏(64)の擁立を正式に決めた7月11日、石原伸晃会長や内田茂幹事長名で「都知事選挙における党紀の保持について」と題する文書を出した。この文書では、(1)党員は党の公認・推薦候補者を応援し、それ以外の候補者を応援しないこと(2)党員は反対党の候補者を応援したり、自民党公認・推薦候補者を不利に陥れる行為をしたりしないこと、を求めている。

   文書の中で特に異例なのが、

「各級議員(親族等含む)が非推薦の候補を応援した場合は、党則並びに都連規約、賞罰規定に基づき、除名等の処分の対象になります」

などと親族にまで「締め付け」の範囲を広げていることだ。猪瀬直樹元知事は、この文書の画像をツイッターで公開し、

「親族を含む、に苦笑。北朝鮮じゃないんだから」

と書き込んだ。

   石原良純氏の「発言」は、告示前日の7月13日にフジテレビで放送されたフジテレビ「バイキング」で、司会者から鳥越氏の出馬について感想を求められる中で出た。

   良純氏は、鳥越氏が出馬会見で

「(参院選の結果から)少し私は自分なりに流れを少し変える、元に戻すような力になれば。それを東京都というところから発信できれば素晴らしいなと思った」

などと話したことと、父親の石原慎太郎元知事が在任中に「東京から国を変える」というスローガンを掲げていたこととのつながりを指摘した。その上で、良純氏は

「最初はあの時、『何をこの人は(=慎太郎氏、編集部注)言ってんだ。何を急に言い始めたんだろう』って思ったけれど、やっぱり東京というのは、それだけ世界を含めて日本、世界に発信できる力がある。その中で鳥越さんが、まずそう思われた」

と、両者が東京の発信力の高さに着目したことに言及した。さらに鳥越氏について、このように述べた。

「それに違和感を持つ方もいるが、まぁ、僕は東京の力というのはそういうのがあるし、そういう中で物申したいということで、出られたんだろうなと。その後に政策については、今後細かいことについてはアレして(詰めて)いく、今はとにかく出馬会見だけということで、おっしゃられたけれども、確かに鳥越さんというものの今までのことを見てきた方は、ひとつその信頼感を持たれる方が多いんじゃないですかね」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中