2018年 8月 18日 (土)

国立西洋美術館が世界遺産に 7か国が共同推薦

印刷

   ユネスコの世界遺産委員会は2016年7月17日、東京・上野の国立西洋美術館を含む「ル・コルビュジエの建築作品」を世界文化遺産に登録することを正式に決定した。「近代建築の巨匠」と呼ばれるフランスの建築家ル・コルビュジエ(1887‐1965)の功績が評価された。

   登録作品は計17の建築物で、日本を含むフランス、ドイツ、スイス、ベルギー、インド、アルゼンチンの7か国に点在する。大陸をまたぐ作品群が一つの世界文化遺産として登録されるのは初めて。1959年に完成した国立西洋美術館は、東アジアで唯一のコルビュジエ作品として有名だ。

   東京23区では初めての世界遺産でもある。日本の世界遺産登録は、昨年の「明治日本の産業革命遺産」に次いで今回が20件目となる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中