2018年 10月 24日 (水)

ポケモンGOに偽アプリ 「極悪」なワナにハマる人々

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   日本でのリリースへの期待が高まっている人気アプリ「ポケモンGO」をめぐり、早くも「偽アプリ」が登場し始めた。

   その一部は、ひそかに遠隔操作ツールを起動させて個人情報を抜き取る、というロケット団もビックリの「極悪」さ。インターネットセキュリティー会社は、そうしたリスクを減らすため、非公式サイトからのダウンロードを控えるよう呼びかけている。

  • リリース前から早くも「トラブル」(画像は「ポケモンGO」公式サイトより)
    リリース前から早くも「トラブル」(画像は「ポケモンGO」公式サイトより)

「通話履歴」が盗まれ、遠隔操作で写真撮影

   世界の一部でしか公開されていないにも関わらず、全世界から注目を集めている「ポケモンGO」。オーストラリアやニュージーランド、米国で初めて公開された2016年7月6日以降、ファンは「いつどこでリリースされるか」という動向を逐一追っている。一方、サイバー犯罪者もまた、新たな獲物を狙って目を光らせる。

   それを象徴する出来事が、「偽アプリ」の出現だ。セキュリティソフトを販売するマカフィー(東京都渋谷区)は11日、「ポケモンGO」にそっくりのマルウェア(不正で有害な動作をするソフトウェア)が見つかったと公式ブログで発表した。

   そのマルウェアは、インストールして実行する際、SMSメッセージの送信や閲覧といったゲームに関係のないアクセス権限を要求するという。

   また環境によっては、SMSメッセージや通話履歴、電話帳、ブラウザ閲覧履歴、位置情報、インストールアプリの一覧といった個人情報を盗んだり、遠隔操作で写真撮影やビデオ録画、通話録音をしたりする遠隔操作ツールが動くかもしれないという。

   そのうえで、「人気アプリになりすましユーザーを騙す行為は、マルウェアをインストールさせるための常套手段」と指摘。非公式なサイトやファイル共有サイトからアプリをダウンロードするのを控えるよう呼びかけている。

非公式サイトからのDLを他人に勧める中高生

   ウイルス対策ソフト「ノートン」を販売するシマンテックも16年7月14日、公式ブログで注意喚起を促した。そこでは、「ポケモンGO」に偽装させたマルウェアをインストールすると、端末のアクセス権を「完全に掌握」されてしまうと指摘している。

   しかし、そうした注意喚起に気付いているのか、いないのか。非公式のサイトへアクセスする日本のネットユーザーは少なくない。ツイッターを見る限り、非公式サイトからのダウンロードを報告するユーザーの年齢は比較的若く、中高生も多い。

   自分でダウンロードするだけならまだしも、親切心から

「ふつーにたくさんポケモン捕まえられた!」
「やってみて!」

などとフォロワーに勧める声も。「全然正規アプリかと思った」と消去を報告するユーザーもいるが、一体、正式リリース後はどんなトラブルが起きるのか...。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...