2018年 8月 19日 (日)

がんの5年生存率が少し向上 早期発見と治療技術が進んで

印刷

   国立がん研究センターなどの研究班は2016年7月22日、がん患者を追跡した5年後の生存率(全国推計)を発表した。

   2006~2008年にがんと診断された全国の約64万人を調査。すべてのがんの5年生存率は62.1%で過去2回の調査より3~5ポイント向上している。

   5年生存率の割合が高いほど治療で命を救える効果があり、5年が治療や経過観察の目安といわれている。生存率が向上したのは、早期発見や治療技術が進んだことと、予後がよい、前立腺がんと乳がんの患者が増えたためだ。主ながんの部位別5年生存率は次のとおりだ。

口腔・咽頭(60.2%)/食道(37.2%)/胃(64.6%)/大腸(71.1%)/肝臓(32.6%)/胆嚢・胆管(22.5%)/すい臓(7.7%)/喉頭(78.7%)/肺(31.9%)/皮膚(92.4%)/乳房(91.1%)/子宮頸部(73.4%)/子宮体部(81.1%)/卵巣(58.0%)/前立腺(97.5%)/膀胱(76.1%)/腎臓・尿路(69.1%)/脳・中枢神経系(35.5%)/甲状腺(93.7%)/悪性リンパ腫(65.5%)/多発性骨髄腫(36.4%)/白血病(39.2%)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中