2018年 12月 13日 (木)

がんの5年生存率が少し向上 早期発見と治療技術が進んで

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   国立がん研究センターなどの研究班は2016年7月22日、がん患者を追跡した5年後の生存率(全国推計)を発表した。

   2006~2008年にがんと診断された全国の約64万人を調査。すべてのがんの5年生存率は62.1%で過去2回の調査より3~5ポイント向上している。

   5年生存率の割合が高いほど治療で命を救える効果があり、5年が治療や経過観察の目安といわれている。生存率が向上したのは、早期発見や治療技術が進んだことと、予後がよい、前立腺がんと乳がんの患者が増えたためだ。主ながんの部位別5年生存率は次のとおりだ。

口腔・咽頭(60.2%)/食道(37.2%)/胃(64.6%)/大腸(71.1%)/肝臓(32.6%)/胆嚢・胆管(22.5%)/すい臓(7.7%)/喉頭(78.7%)/肺(31.9%)/皮膚(92.4%)/乳房(91.1%)/子宮頸部(73.4%)/子宮体部(81.1%)/卵巣(58.0%)/前立腺(97.5%)/膀胱(76.1%)/腎臓・尿路(69.1%)/脳・中枢神経系(35.5%)/甲状腺(93.7%)/悪性リンパ腫(65.5%)/多発性骨髄腫(36.4%)/白血病(39.2%)。

iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中