2018年 7月 19日 (木)

ミュンヘン銃乱射で9人が死亡 容疑者はドイツとイランの二重国籍の男?

印刷

   2016年7月23日午前1時ごろ(日本時間)、ドイツ南部のミュンヘンの商業施設で何者かが銃を乱射し、少なくとも9人が死亡し、10人が負傷した。

   現地メディアが地元警察の話として伝えたところによると、犯人は現場から逃亡したが、近くで18歳のドイツとイランの二重国籍の男の遺体が見つかっており、この男が容疑者とみて調べを進める。複数犯の証拠は現在見つかっていないが、目撃者からは犯人は複数といった情報が流れている。市内には非常事態宣言が宣言され、警察が地元住民に外出を控えるよう呼びかけている。現時点では犯行声明などは確認されていないが、テロの可能性も視野に入れて捜査を進める。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中