鳩山邦夫氏の次男が出馬表明 衆院福岡6区補選

印刷

   鳩山邦夫元総務相の死去にともなう衆院福岡6区補選(2016年10月23日投開票予定)をめぐり、鳩山氏の次男で福岡県大川市長の鳩山二郎氏(37)が7月31日、記者会見を開き、出馬する方針を表明した。

   すでに福岡6区では、自民党県連が蔵内勇夫県連会長の長男の謙氏(35)を党本部に公認申請している。鳩山氏は無所属でも出馬する、としている。鳩山氏は会見の中で、県連の候補者選考のプロセスについて「公平・公正だったのかは、はなはだ疑問」などと恨み節も口にした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中