2018年 8月 17日 (金)

米大学でジカ熱防ぐ抗体発見 ワクチン開発に期待

印刷

   ジカ熱を防ぐ6種類の抗体を、マウスを用いた実験によって発見したとする論文を、米ワシントン大学の研究グループが2016年7月27日、米科学誌「セル」(電子版)に掲載した。

   発表論文によると、ジカウイルスはアフリカ、アジア、アメリカ系統があるが、発見した6つの抗体のうち4つは、これら3系統のウイルスの感染を無効化したという。他の2つの抗体は、十分ではなかったものの感染を抑制した。

   6つの抗体はジカウイルスにのみ作用したため、ジカ熱の診断に使用できると考えられる。また、ジカ熱予防ワクチンの開発につながると期待されている。

   ジカ熱は蚊に刺されることで感染する。軽度の発熱や発疹が出て1週間程度で治る場合が多いが、妊娠中の女性が感染すると、出産時に新生児が生まれつき脳の小さい「小頭症」になる恐れがある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中